ITパスポート

ITパスポートの勉強方法|独学者・初学者でも受かる勉強方法を紹介

IT男
IT男
ITパスポートの資格を取ろうと思うけど、どんな感じで勉強すればいいか分からない。。
らんらん
らんらん
私は文系でITのことはさっぱり分からなかったけど、独学でITパスポートに合格できたからその時の勉強方法を紹介するね!

私は昨年ITパスポートを取得しましたが、効率的な勉強方法が分からなくて苦戦してしまいました。
しかし苦戦した分、失敗談や失敗から学んだ効率的な勉強方法をお伝えできます!

この記事では、ITパスポートに初学者でも合格する勉強する方法について紹介します。

ITパスポートの概要と試験の詳細を解説|どのような試験なのか解説

IT男
IT男
ITパスポートってそもそもどんな試験なの??
らんらん
らんらん
一言で言うと、基礎的なIT知識や経営知識を持っていることを証明できる国家試験だよ!

会社ではセキュリティや経営関連の用語がよく飛び交います。

ITパスポートを勉強しておけば、会社でIT用語が飛び交った際でもきちんと話に付いていくこともできますよ。

ITパスポートとは

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

引用:https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/about.html

出題される内容は以下の通りです。

  • 新しい技術(AI、ビッグデータ、IoT など)
  • 新しい手法(アジャイルなど)
  • 経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)
  • IT(セキュリティ、ネットワークなど)
  • プロジェクトマネジメント

ITの知識のみが問われるかと思いきや、経営に関する知識も問われるのがITパスポートの特徴です。
IT関係の点数がどうしても伸び悩むようなら、経営に関する知識で得点を稼ぐこともできますね。

ITパスポートはCBT方式

CBT(Computer Based Testing)方式とは、コンピュータを利用して実施する試験方式のことです。

パソコンの画面上で問題が出題され、マウスで選択肢を選ぶ回答方式です。

らんらん
らんらん
パソコンが苦手という人でも簡単に回答できるので安心してください。

 

ITパスポート取得の3つのメリット

ITパスポート取得のメリット
  1. 基礎的なIT・経営知識が身につく
  2. 就活で有利になる
  3. 会社で役に立つ

ITパスポートの勉強をして資格を取得するレベルまで達すると、日常の様々な場面で役に立ちます。

ここでは上記3点に絞ってITパスポート取得によるメリットを解説します。

 

メリット① 基礎的なIT・経営の知識が身につく

新聞やテレビニュースで「コンピュータウイルスによる情報漏洩」という言葉を耳にしませんか?

また、社会人になったら「貸借対照表」「損益計算書」といった財務会計の知識を持っていて当たり前として扱われます。

これらの知識を網羅的に学ぶのに最適なのが、「ITパスポート」です。

なぜなら、経営全般の知識やシステム開発の管理、コンピュータシステムやITに関連する技術系の知識を網羅的に学習することができるからです。

 

メリット② 就活で有利になる

企業・大学・学校の活用例は以下から見ることができます。
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/html/about/example.html

大学受験や大学の授業、就職活動や転職活動で、「ITパスポートを持っています!」というだけで有利に働く場合があります。

 

メリット③ 会社で役に立つ

会社ではITパスポートで学ぶようなIT用語が当たり前のように使われています。

実際に私が入社してからは、

  • セキュリティの観点から「コンピュータウイルス」や「ISMS」といったセキュリティ用語
  • PCを利用して仕事をするうえで「メモリ」や「CPU」といったコンピュータ用語

は日常的に飛び交う用語です。

会社で知ったかぶりをしたり会話で置いてけぼりにされないためにも、ITパスポートの勉強を通してIT語彙力を増やすことをおすすめします。

 

補足メリット らんらんが感じた取得メリット

私がITパスポートを取得して感じたメリットは、次の2点です。

  1. 仕事をする中で出てくるIT用語が分かるようになった
  2. ウイルス攻撃の存在を知っていたため、攻撃を防げた
らんらん
らんらん
私は会社員ですが、3年目になった今でも仕事をしていると機密情報の漏洩といったセキュリティに関して口酸っぱく言われます。

こうした中で普段聞きなれないセキュリティ用語やコンプライアンス用語が飛び交いますが、これらは会社では共通言語のようなものです。
そのため、ITパスポートで学習しておけば周りの会話についていけるようになるでしょう。

らんらん
らんらん
また、情報セキュリティに関する知識が身についたため、ウイルス感染を防げたことがありました。

私の場合はフィッシングという攻撃を受けたのですが、これもITパスポートで学習していなかったら防げなかったかもしれません。

ITパスポートの試験内容

試験内容は以下3点です。

  1. ストラテジ系
  2. マネジメント系
  3. テクノロジ系

各試験内容や配点等は以下の通りです。

  ストラテジ系 マネジメント系 テクノロジ系
試験範囲 ・経営全般
・企業経営
・企業会計
・企業の取るべき戦略
・IT管理
・システムの開発手法及び管理(マネジメント)手法
・IT技術
・コンピュータシステム及びITに関連する技術系のテーマ
出題数 35問 20問 45問
点数 300点以上 300点以上 300点以上
※出題形式
・小問形式100問
・総合評価点600点以上/1,000点(総合評価の満点)
・四肢択一式

表からも分かりますが、試験勉強の際の注意点は以下2点です。

  • テクノロジ系の配点が高い
    →要勉強
  • 各分野300点以上取らなければならない
    →まんべんなく学習する

 

ITパスポートの難易度

ITパスポートはIT系の資格試験の中で、一番易しい試験と言えます。
下の画像にもあるように、ITパスポートはすべての社会人が対象で共通的知識が身につく試験だからです。

出典:IPA独立行政法人 情報処理推進機構ホームページ

また、合格率は40~50%台のため、およそ半分の人が合格できる試験です。

IT系資格の中では比較的難易度が低いため、若手社会人や学生でも独学で十分合格を目指せますよ。

 

ITパスポートの勉強方法|初学者・独学者のための勉強法を解説

IT男
IT男
僕みたいにITに無縁だった人間でもITパスポートに合格できるって分かった!
でも実際にどうやって勉強すればいいのかな?
らんらん
らんらん
ここからは私の経験則を中心に勉強方法を伝えていくね!

私はITパスポートに一発合格したものの、自分を律することのできる性格ではないため本来2か月で合格できる試験ですが6か月もの時間を取ってしまいました。

私の失敗談を踏まえながら、あなたがITパスポートに一発合格する術を伝授します

文系でも独学で合格する勉強のポイント

この記事で初学者でも独学で合格できると言ってきましたが、それでも覚える量は多いですし馴染みがないので勉強時間の確保はとても大切です。

らんらんが勉強するうえで心掛けたこと
  1. 網羅的に学習すること
  2. 過去問を解いて頻出問題をつかむこと
  3. 間違えやすい問題が載っているテキストのページに付箋を貼ること
  4. 用語をしっかり覚えること

大体100時間は見込んで学習計画を立てましょう!

心掛け① 網羅的に学習

ITパスポートはストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系の3分野が満遍なく出題され、各分野で300点以上取ることが合格基準です。

そのため、苦手を作らないように網羅的に学習を進めましょう。

 

心掛け② 過去問を解いて頻出問題をつかむ

ITパスポートは毎回似た問題が出題されるので、過去問を解いていくうちに「この問題、よく出るな!」というのが分かってきます。

過去問を直近10回分は最低でも解いて頻出論点を掴みましょう。

そして、頻出論点についてはテキストの該当ページに付箋を貼るのがおすすめです。
そうすれば試験直前にも見返しやすくなります。

 

心掛け③ よく間違える論点はテキストの該当ページに付箋を貼る

『心掛け②』ともかぶりますが、あなたがよく間違える論点は頻出問題の可能性があります。

再び間違えないためにも、要チェックの意味でよく間違える箇所には付箋を貼ることをおすすめです。

 

心掛け④ 用語をしっかり覚える

「問題文にある用語に合致している選択肢を選びなさい」という問題が多い印象を受けました。

そのため、用語が出されたら大まかな意味を何も見ずに説明できるまで用語の理解を深めましょう

 

らんらんの失敗談|これを気を付ければあなたは超効率的・確実に一発合格

らんらん
らんらん
恥ずかしながら、私がITパスポートを勉強していた時の失敗談を紹介します。
らんらんの失敗談
  1. 試験日を先延ばしにした
  2. 勉強の時間配分を考えていなかった

失敗談① 試験日を先延ばしにした

ITパスポート試験は試験3日前までなら試験日を変更することができます

私は勉強初日に試験日を決めて予約を取っていましたが、合格できないと判断して2回試験日を先延ばしにしてしまいました。
結果、合格までに時間がかかってしまったという失敗です。

らんらん
らんらん
強い意志を持って計画的に勉強した方が勉強時間が短く済むので、試験日は先延ばしにしないようにしましょう。

失敗談② 勉強の時間配分を考えていなかった

私は比較的頭に入りやすかったストラテジ系・マネジメント系を中心に勉強して、テクノロジ系をおろそかにしていました。

しかし、ITパスポートは3分野それぞれで300点以上取らなければ合格できません。
それに加えて、テクノロジ系は問題量が多いので手を抜いてはいけませんでした。

らんらん
らんらん
苦手なところは作らないように勉強を進めていきましょうね!

らんらんおすすめ|ITパスポートのテキスト・参考書・過去問

私が使ったことのある参考書は次の2点です。

イッキ!にわかる ITパスポート

このテキスト&問題集は、

  • 図解が多くて理解しやすい
  • 小テーマが終わるごとに問題演習がある

という良いところがありました。

らんらん
らんらん
一言で言うと、インプットとアウトプットのバランスの取れたテキスト&問題集です。

出るとこだけ! ITパスポート

このテキスト&問題集は、

  • 図解が多くて理解しやすい
  • 言葉が易しく読みやすい

という良いところがありました。

らんらん
らんらん
大テーマが終わるごとに問題演習があるということで、私としてはインプットとアウトプットの行き来が頻繁でないのが残念でした。
しかし理解しやすいテキスト&問題集です。

これに加えて、『過去問道場』というサイトで過去問を解いていました。

『過去問道場』

画像引用:ITパスポート試験ドットコムホームページ

過去問の出題のされ方は「試験回を指定して出題」「分野を指定して出題」「模擬試験形式で出題」の3パターンから選べます。

過去問道場のホームページはこちら>>>

らんらん
らんらん
自分のレベルに合わせて出題方法を選べるので、解きやすいですよ!

 

ITパスポートの超効率的勉強方法|短期間で合格しよう

私が行っていた勉強の流れは以下の通りです。

  1. 「小テーマのインプット→小テーマのアウトプット→小テーマのインプット→…」をテキスト1冊分繰り返す
  2. 過去問道場で問題を解いてアウトプット
  3. ②で間違えたところをテキストでインプット
  4. ②と③を繰り返す

これをやりつづければ次第に理解ができてきます。
また、流れ④をどれだけ行うかによって知識の定着度合いが決まります

期間配分としては、2か月の合格目標なら1日約2時間勉強しましょう。

  • ①を1か月
  • ②~④を1か月

を目安に勉強していくと良いです。

勉強のコツ|これだけは心掛けるべき3つのコツ

最短ルートで確実に合格するための勉強方法を3つ解説します。

これだけは心掛けるべき勉強の3つのコツ
  1. インプット・アウトプットのバランスを意識する
  2. 間違えた問題は2度と間違えない
  3. 苦手を作らない

コツ① インプット・アウトプットのバランスを意識する

ITパスポートは覚える量がかなりあるため、インプットとアウトプットをバランスよく行うことで知識を定着させる必要があります

インプットとアウトプットの仕方や心掛けることは以下の表を確認してください。

  インプット アウトプット
方法 ・テキスト
・問題集や過去問の解説
・問題集(テキストにある問題も可)
・過去問道場
心掛けること 全体的に用語やその意味を理解する 出題傾向や頻出分野を把握する

 

コツ② 間違えた問題は2度と間違えない

当たり前のようですが、これを念頭に勉強していないと「あ、また間違えちゃった。。」「この問題、前にも見たような気がするんだけど。。」ということになってしまいます。

私は間違えた問題を2度と間違えないために、問題集や過去問で間違えたらテキストで再確認をし付箋を貼るようにしていました。

らんらん
らんらん
付箋を貼っておけば、電車の中や試験直前でも「付箋が貼ってある所だけ目を通そう」と苦手分野に絞って効率的に勉強できますよ。

 

コツ③ 苦手を作らない

文系の方ならテクノロジ系が、理系の方ならマネジメント系が理解しにくいといったように、苦手分野は必ず出てくると思います。

しかしITパスポート試験は各分野で300点以上取らなければ不合格です。
くれぐれも「テクノロジ系は苦手だけどマネジメント系で点を稼ごう!」など思わないように気を付けましょう。

 

注意!初学者にありがちな間違った勉強方法

初学者にありがちなのは、「ITパスポート試験対策ノート」を作ることです。

テキストの内容や間違えた問題をノートにまとめる行為は手間がかかるので止めましょう。

間違えたところのメモや追記したいことがあればテキストに全て記録するようにしましょう。
また、”記憶するために書きたい”という場合は、裏紙を使うのがおすすめです。

そうすれば、テキスト1冊に目を通せばいいので楽ちんです。

らんらん
らんらん
私は1冊の参考書を自分色に染める勢いでメモを書いていました。

まとめ|ITパスポートは若手社会人や学生でも合格できる

IT男
IT男
ITパスポートって難しそうな資格試験だと思っていたけど、初学者の僕でも正しい手順で勉強を進めれば合格できそうだ!
らんらん
らんらん
私も初学者で独学の勉強だったけど合格できたから大丈夫!
私の失敗をやらないようにだけは気を付けてね!笑

はじめは分からない単語ばかりで不安になると思います。
それでも繰り返しテキストを読み返して問題を解いていけば大丈夫です!

ITパスポートに合格できれば、ITや経営に関する基礎知識を持っていると証明できるだけではなく、普段の会話の中で話が分かるなど役に立つことがあるので、合格に向けて頑張っていきましょう!

らんらん
らんらん
らんらんはITパスポートを勉強するあなたを応援しています!
ABOUT ME
ranran
26歳/会社員/女 自分が使っているものや体験したことを中心にblogを書いています!