簿記3級

簿記3級|初学者でも一発合格!不合格経験者が語る受かる独学方法

簿記2級 就活 役立つ人 役立たない人
簿記子ちゃん
簿記子ちゃん
簿記の勉強をしたことがないけど、独学で3級に合格できるかな?
らんらん
らんらん
初学者の独学でも、正しい勉強をすれば2か月で合格できるよ!

簿記の勉強をしようにも、

  • まだ学生だから、資格スクールに通うお金がない
  • 学生だから時間はあるけど、独学で合格できるか不安

ということはありませんか?

そんなあなたに、簿記初学者が独学で1発合格する勉強法を紹介します。

こんな人におすすめ
  • 大学生
  • 時間がある
  • 絶対合格したい

 

らんらんの簿記経歴|時間とお金をかけてしまった簿記の勉強…

簿記2級 就活 メリット
らんらん
らんらん
まずは、私の簿記の経歴について紹介しますね!
  • 独学経験者
  • 簿記3級不合格1回
  • 簿記3級2回目に96点合格(大学1年2月)
  • 簿記3級の合格にかけた期間は10か月(※一般的には2,3か月で合格できると言われているのに・・・)
  • 合格する戦術に正解はないが、不合格する方法は決まっていると学ぶ
  • 不合格する独学・合格する独学の方法を知っている

見ての通り、私は簿記3級に合格するのにてこずり、お金と時間を浪費しました。

お金は、本来1発合格できれば2,850円の受験料で済んだところ、2回受験したことで5,700円かかりました。時間も、一般的に2か月程度で済む学習期間を10か月もかけてしまいました。。

らんらん
らんらん
あなたが私のような回り道をしないためにも、簿記3級に合格する独学を教えます!

 

簿記3級について|戦術を知る前に、まずは敵を知る

簿記2級 独学 不合格経験2回 3度目の正直94点合格 不合格する勉強法を紹介
簿記子ちゃん
簿記子ちゃん
簿記に興味はあるけど、どんな勉強をするのかよく分かってないんだ…
らんらん
らんらん
簿記は、”企業が毎日の活動を記録すること”だよ!

簿記について

あなたが経済学や商学などに触れたことがなければ、簿記は未知なものですよね。。

そこでまずは、簿記が何をするためのものか理解するところから始めましょう。

簿記とは

大手資格スクールのTACが出版しているテキストでは、簿記を「企業が、毎日の活動等を、帳簿に記録し、役立てること」と定義しています。

次の図のように、企業の購買・販売活動などで生じたお金やモノの流れを帳簿に記録するために、簿記の知識が必要です。

簿記の流れ 企業活動

※画像は『よくわかる簿記シリーズ 合格テキスト 日商簿記2級工業簿記 Ver.8.0』よりらんらん作成

なぜ簿記の知識が必要なのかと言うと、企業の活動を専門用語で表記したり、取引時期のズレなどを考慮した記録が必要となるからです。

 

簿記は何のために存在するか

簿記は、企業の経営活動を把握する帳簿や報告書を作成するために存在します。

簿記で作られた帳簿や報告書の使用用途は、次の2つです。

  1. 企業内部で、経営活動の現状を把握・分析
    →これからの経営活動をどのように展開していくか考える
  2. 企業外部に、経営状態を開示
    →税金を納める国や、融資を受ける銀行などに向けて、自社の経営状況を証明するため
らんらん
らんらん
どこの会社も、簿記で作成された帳簿や報告書がないと経営判断ができないんですよ!

 

簿記の資格を取るメリット

あなたが簿記の資格を取るメリットは、主に次の2つです。

  1. 簿記2級以上持っていれば、就活や転職・仕事に役立てられることがある
  2. 会社の財務状況(あらゆるお金の状況)やお金の流れが理解できる

 

らんらん
らんらん

私は、就活前までに簿記2級を持っていたので、

  • 志望企業の将来性があるかを財務面から分析
  • 一度面接に落ちた企業から、経理職に応募しないかという内容の電話がかかってくる

と、就活で簿記の資格が役に立ちました。

 

このような簿記の資格の恩恵を受けられるのは2級以上です。そのため、簿記を学ぶなら、最終的には2級を目指しましょう。

らんらん
らんらん
簿記の基礎は3級で学ぶことになるので、3級の内容をいかに理解できるかが2級合格のポイントとなります。
簿記2級 独学 不合格経験2回 3度目の正直94点合格 不合格する勉強法を紹介 難しい
簿記2級の独学|2回の不合格経験者が語る,合格するための独学方法簿記2級に合格する方法は人それぞれ合う合わないがありますが、不合格する方法は万民に共通しています。そして、不合格する方法を知り、それを避ければあなたは必ず合格です。 この記事では、2回の不合格を経験した立場から、不合格する独学を徹底解説します。...

《簿記を勉強するのに数学の知識は必要か》

簿記子ちゃん
簿記子ちゃん
簿記は計算することがあるから、数学が得意じゃないと合格は厳しいかな?

 

らんらん
らんらん
簿記は、数学が苦手でもぜんぜん大丈夫だよ!私もゴリゴリの文系だったけど合格できたし!

計算は主に、+-×÷の簡単な四則計算しか行いません。加えて、試験や実務では電卓の使用が許可されているので、自分で計算する必要が無いのです。

 

簿記は数学の実力よりも、どれだけ簿記の仕組みを理解できるかで合否が分かれます。

 

簿記3級の試験について

簿記3級は、いわば簿記の入門資格です。

初学者の人にとって、学び始めは簿記の構造がつかめず難しいと感じるでしょう。しかし、簿記の仕組みを理解できれば、その後は飛躍的に学習効率が上がります。そのため、忍耐強く頑張りましょう!

簿記3級の合格ラインは70%ですが、3級のうちから高得点を狙っておきましょう。なぜなら、3級の理解レベルが高いほど、2級への勉強が頭に入りやすくなるからです。

《簿記3級の設問例》

○月×日、(株)らんらんより商品500円を仕入れ、代金は掛けとした。この取引について三分法より仕訳しなさい。

この設問の答えは、

仕入 500 / 買掛金 500

となります。

初学者の人にとっては、「掛け?三分法?仕訳?」となると思います。いずれはこのような設問でも、瞬間的に答えられるようになるまで学習をしましょう

 

簿記3級の学習について

簿記3級の合格にかかる時間や学習に必要なものを紹介します。

簿記3級の勉強時間と勉強期間

簿記3級の合格には、約100時間の学習時間が必要と言われています。また、これを1日2時間のペースで学習すると仮定すると、大体2か月ほどの期間が必要です。

簿記の学習に必要なもの

簿記の学習に必要なものは、以下の通りです。

  • テキスト
  • 問題集
  • 過去問題集
  • (予想問題集)
  • 電卓

数ある参考書の中でも、私は大手資格スクール・TAC出版の『合格テキスト』『合格トレーニング』『合格するための過去問題集』『あてる TAC直前予想』がオススメです。勉強方法やスケジュールについては後述します。

電卓は、試験の規定で、「計算機能(四則演算)のみのものに限る」とされています。

これを踏まえたうえで電卓を選ぶ時のポイントは、次の3つです。

  1. 数字が12桁は打ち込めるもの
  2. メモリ機能があるもの
  3. 税計算できるもの

 

《周りの簿記初学者と差がつく、ワンポイントアドバイス》

金額に「,」をつけよう!

今まで、レシートの金額で「1,000円」と、3桁ごとに「,」がついているのを見たことはありませんか?

あなたにとってはなじみがないかもしれませんが、「,」がある方が金額を認識しやすいです。ビジネスマンにもなると、「100000」よりも「100,000」の方が、十万円だ!と直感的に理解しやすいのです。

らんらん
らんらん
このことはテキストにもあまり載っていませんが、一般常識として覚えておきましょう!

 

簿記3級に不合格した4つの独学|不合格勉強法から学ぶ、合格する独学方法

簿記2級 独学 不合格経験2回 3度目の正直94点合格 不合格する勉強法を紹介
簿記子ちゃん
簿記子ちゃん
どういう勉強をすれば簿記3級に合格できるかな?
らんらん
らんらん
簿記3級は、不合格する間違った勉強法をやらなければ簡単に合格できるよ!

合格する方法は、人によって向き不向きありますし、色んな方法があります。一方で、不合格する人は、ほとんど同じ間違った勉強法をしています。

合格するためには、不合格する勉強を知り、それを避けることが手っ取り早いです。そのため、私が簿記3級に不合格した原因を4つ紹介します。

 

不合格勉強法① 簿記の仕組みを理解せず、先に進めようとする

らんらん
らんらん
私は、「とりあえず教科書を読み進めていけば、いずれ簿記が分かるようになるよね♪」と思っていたら不合格しました。

学びはじめこそ肝心です。簿記の仕組みを理解することに専念してください。

学習方法としては、テキストのはじめに簿記の仕組みについてが書かれているので、読み込んだり自分で図を書いたりして理解しましょう。

不合格勉強法② 短期決戦でのスケジュールを組む

らんらん
らんらん
私は、「試験の半年前から勉強したところで、当日になったら忘れちゃうよ♪」と思い、本番直前に詰め込もうとして失敗をしました。

短期決戦をオススメしない理由は以下の通りです。

  • 簿記3級の試験は、付け焼刃の知識で戦えるものではないから
  • 知識が定着しないから

簿記3級は、ある程度時間を使って繰り返し簿記の問題を解かないと、試験でたまに出る応用的な問題に太刀打ちできません。

また、短期間で頭に詰め込もうとする学習は、簿記を理解していないので、簿記2級の学習にもつながりません。

簿記3級は簿記の基礎中の基礎なので、暗記ではなく理解していきましょう。そのためにも、2,3か月くらいの余裕あるスケジュールを立てて勉強することが大切です。

不合格勉強法③ 問題を解こうとしない

らんらん
らんらん
私は、「根本的なことが理解できていれば、難しい問題が出題されても解けるよね!教科書を読むだけで良いじゃない!」と思って失敗しました。

「頭だけでなく、手も動かせ。」

簿記の教科書はどれも分かりやすく解説されているので、「読んでみたら理解できた!」という勘違いを起こしがちです。問題を解き、正解してから、「理解できた」と認識しましょう。

簿記の書籍には、テキストと問題集が一体になっているものがありますが、解ける問題数が少ないのでお勧めしません。

資格スクール大手のTACが出版している『よくわかる簿記シリーズ 合格テキスト』と『よくわかる簿記シリーズ 合格トレーニング』の組み合わせ独学におすすめです。

『合格テキスト』は、3級の内容を網羅しており、参考書の『合格トレーニング』は、問題の難易度も豊富なのでおすすめです。

テキストによるインプットも大事ですが、問題集でいかにアウトプットするかが理解に繋がります。テキストと問題集を併用して、繰り返し説くようにしましょう

不合格勉強法④ 捨て問を作る

らんらん
らんらん
私は、「どれか1つでも苦手分野があっても大丈夫よね!」と思って失敗しました。

簿記はどのレベルでも、試験では網羅的に出題されます。また、あなたが捨て問にした問題をテーマにした大問が出題される恐れもあります。

簿記2級の学習につなげるためにも、苦手分野は作らない方が身のためです。

 

簿記3級に合格する独学スケジュール|初学者でも確実に合格をつかむ

ここでは、簿記3級に合格するためのポイントを抑えながら、合格に向けたスケジュールを2パターン紹介します。

2か月スケジュールと3か月スケジュールの2パターンなので、自分の目標試験日までの日数を考えてスケジュールを選んでください。

スケジュールを提示するうえで、簿記3級に合格するためのポイントを2点考慮しています。

  1. テキストと問題集を3周する
    →基礎だけでなく応用問題もある程度解けるようにするため
  2. 2,3か月間の無理のないスケジュール
    →無理なく、脳に定着するように学習するため

使用教材は、下記のTAC出版『よくわかる簿記シリーズ』4点を想定しています。

 

 

簿記3級に合格するスケジュール 2か月版&3か月版

《2か月の合格スケジュール》

2か月=8週間ということで、少々タイトなスケジュールです。

簿記3級 2か月合格スケジュール
《3か月の合格スケジュール》

3か月=12週間ということで、余裕のあるスケジュールです。

簿記3級 3か月合格スケジュール

 

2か月・3か月のどちらのスケジュールでも、[テキストとトレーニング]では、テキストで1つの単元が終わったらトレーニングで同じ単元を解いてアウトプットしましょう。

どちらのスケジュールもやることは同じです。ここからは、どのように勉強を進めればいいかを詳しく解説します。

テキストとトレーニングの1周目

ここでは、簿記の構造や用語、処理方法を”知る”ことを意識しましょう。

テキストとトレーニングの2周目

ここでは、簿記の構造や用語、処理方法を”理解する”ことを意識しましょう。「次は間違えない」くらいの気持ちで解くのがオススメです。

テキストとトレーニングの3周目

3周目では、1,2周目で間違えた問題のみで大丈夫です。2回間違えるということは、理解していない可能性があるので、分からなければテキストの読み返しや、ネットで調べましょう。

過去問題集と予想問題集

過去問題集は、2回解くのが理想です。なぜなら、過去問題集を解くことで、試験でどのような問題が出題されるか、どのような時間配分で解けばいいかなどが分かるからです。

らんらん
らんらん
この時点で、試験の合格ラインである7割を取れていれば、合格が見えていますよ!

また、余裕があれば予想問題集に取り組みましょう。この問題集は、基礎から応用まで幅広く収録されているのでより一層力がつきます。

しかし、この予想問題集は、通常よりも難しく問題が作成されていることが多いです。点数が低くても気にしないようにしましょう。

振り返り

問題集などの実践的な問題を解くと、自分の不正解パターンが見えてくるはずです。そのような問題を、再びテキストやトレーニングを使って改善していきましょう。

《学習の時間配分》

学生時代は、突然の飲み会や課題など予定が変則的になることが多いので、「1日2時間勉強する」という固定的な計画はオススメしません。

学習の時間目標を立てる場合は、「週○時間勉強する」というように週単位で設定し、急な予定変更にも対応できるようにするのがオススメです。

 

参考① 次の試験日まで2か月を切っている場合

2か月以内の学習になりそうなら、直近の試験日の次の試験で受験することをオススメします。

なぜなら、

  • 2か月以内の学習だと付け焼刃になって、合格の可能性は低いから
  • 仮に簿記3級に合格しても、次のレベルの2級の勉強が理解しにくいから

です。

2か月以内の学習で簿記3級の試験に挑戦しても、そもそも合格する可能性は低いです。また、仮に合格しても、簿記の基礎が詰まっている3級の内容が理解しきれないので、1つ上のレベルである2級の学習についていけなくなります。

らんらん
らんらん
簿記3級の試験まで2か月を切っているなら、その次の試験日に受験しましょうね!

 

参考② 次の試験日まで3か月以上時間がある場合

試験日まで3か月以上の期間がある場合、次の2パターンのどちらかを選択すると良いでしょう。

  1. 簿記3級を徹底的に学習する
  2. 簿記2級の学習にも触れてみる

まず、①について説明します。
簿記は、人によっては取っつきにくく、理解するのに時間がかかることもあります。また、簿記3級の次に2級を目指す場合は、簿記3級を9割くらいで合格していると2級の学習がスムーズに進めやすいです。

このようなことから、簿記3級を3か月以上かけて取得するのも立派な戦略となります。

次に、②について説明します。
簿記の学習が順調で、3級の学習が物足りなくなることもあるでしょう。その場合は、簿記2級の学習に取り掛かってもOKです。

簿記2級は、3級の出題範囲である商業簿記と、2級から追加範囲になる工業簿記があります。2級を学習する場合には、3級と同じ論点の商業簿記に手を付け始めるのがオススメです。

簿記2級の学習に取り掛かるとしても、3級と併願受験することはオススメしません。なぜなら、3・2級で共倒れする可能性があるからです。2級の学習は相当ハードなので、3級を取ってから2級に集中する方が効率的です。

 

まとめ|簿記3級は、勉強方法を間違えなければ独学でも合格できる

簿記子ちゃん
簿記子ちゃん
簿記3級に合格するために、これから正しい勉強法で独学しよ!
らんらん
らんらん
1発で合格できるといいね!

2,3か月は長いようで短いです。「まだ時間があるから」と先延ばしするのではなく、紹介したスケジュールよりも速いペースで学習するくらいの勢いで勉強するとちょうど良いですよ!

今回の記事を参考に、あなたが簿記3級に独学で一発合格できれば嬉しいです!

応援してます!

ABOUT ME
ranran
26歳/会社員/女 自分が使っているものや体験したことを中心にblogを書いています!